• fjkz28

指紋認証や顔認証による入退室管理システム、オートロック電気錠


現在多く利用されている入退室管理システムは?

入退室管理システムは現在でもICカードや暗証番号が多く利用されています。ICカードや暗証番号はカードを所持していればまた、暗証番号を知っていれば誰でも入退室が可能で、特にICカードは社員証も兼ねて広く利用されています。暗証番号は簡易的なオートロックとして利用されています。この2つの認証方式のデメリットはICカードさえ所持していればもしくは暗証番号を知ることができれば関係のない人間でも出入りが可能となってしまうところです。カードの登録抹消や暗証番号の変更により多少は対策できますが完ぺきではありません。

指紋認証や顔認証による入退室管理システム

指紋認証や顔認証による入退室管理システムの一番のメリットは生体認証という認証方式で生体のため登録者本人以外の認証がされないところです。つまり、カードや暗証番号のように関係ない人間や悪質な不審者などの出入りを防げるというところです。指紋認証などは時間がたつと読み取りされないなどと一昔前は言われる事もありましたが現在のものは高性能で、非常にスピーディに読み取ります。また、顔認証は指すら置く必要がないため、まるで映画の世界のように登録者がドアの前に立つだけで開錠され非常に便利です。


0120-672-575

お電話によるお問い合わせは

​年中無休365日 受付時間午前9:00~午後20:00

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.