入退室管理システム工事を難しく考えていませんか?

入退室管理システムやオートロック電子錠の導入は大げさな工事がいるの?

入退室管理システムや電子錠などは入退室管理システムや電子錠などは大袈裟な工事などのイメージされている方がいらっしゃいますが実は簡単に設置可能です。ドアの中にある錠前をドアの寸法にあった電気錠に交換するだけで既存のドアはそのまま流用できるのです。また、特殊なドア形状の場合は電磁錠という電磁石にて圧着してロックが出来る機器もございますので、他社で断られた方も諦めずに一度ご相談下さい。基本、オートロック電子錠の場合外付けで様々な形状のドアに設置可能です。

既存の鍵タイプドアの不安

鍵のタイプのドアの場合ピッキングなどの不安や当たり前ですがだれがいつ入室したかの履歴は残りません。特に会社やお店などの店舗の場合、最近では内部的な不正などの犯行も問題となっており履歴などの管理ができれば安心です。

他にも、万一入室時に共連れ(認証された人と一緒に入室し、自身は認証せずに入室する行為)を図っても、入室記録がないことで退出時は出れない仕様になっております。故にセキュリティ面において更なる強化が図れます。

多様な認証方式

オートロックにした場合、ICカードや暗証番号、指紋認証などが一般的でしたが、最近では顔認証方式のオートロック電気錠の導入が増えてきています。顔認証の場合登録者がドアの前に立つだけでガチャッと開錠されるため、作業用の手袋をわざわざ脱ぐ必要もなければ、両手に荷物を抱えても鍵を開けることができ、ICカードなどの紛失や他人になりすます行為など防ぐことが可能です。実際、導入されたお客様も手ぶらで入室でき喜びのお声をいただいております。


入退室管理システムと聞くと、未だコスト面を含めハードルが高いと思われがちですが、はっきり言ってそんなことはないのです、もちろん、仕様に応じてメリットデメリットは生じます。

だからこそ、導入を検討されてらっしゃる方は一度我々ピースにお問い合わせ下さい。


      ↓入退室管理システム・オートロック電気錠詳細は下の画像をクリックしてください↓




特集記事
最新記事