電子錠はピースロック

電子錠は電気錠とも呼ばれますがピースロックでは取り付けが簡単な外付け可能なものを電子錠と呼んでいます。既存の様々なドアに簡単に設置することができオートロック化できます。従来の一般的なカギはピッキングやバンピングなどの不安がありましたが電子錠には鍵穴がないためその心配はなくなります。また鍵の場合紛失すると錠前の交換をしないと紛失した鍵で開けられてしまいますが電子錠の場合暗証番号やICカードため安心です。もし紛失や暗証番号が関係者以外の他人に知られたら、暗証番号の変更やICカードのIDを抹消できるため交換の必要はありません。

取り付け簡単な電子錠はピースロック

ピースロックの電子錠は現在使用しているドアに簡単に取り付け可能です。電子錠とは従来に鍵を使用した錠前ではなく暗証番号やICカードを認証すると自動で施解錠される電子式の錠前です。複数の方が出入りする簡易的な入退室には暗証番号により、住宅やオフィスの入り口などはICカードにより入退室がおすすめです。オフィスなどでは社員証と併用して利用されることが多くあります。ICカードは紛失してもICカード自体のIDを抹消できますので安心です。既存の様々なドアに簡単に取り付け可能なピスロックは住宅、オフィス、工場、店舗などさまざまな環境で利用されています。お気軽にご相談ください。

生体認証の電気錠はピースロック

ピースロックでは各種生体認証の電気錠を取り扱っております。生体認証とはバイオメトリクス認証とも呼ばれる人の生体を認証する認証方法です。生体認証には指紋認証・静脈認証に加え顔認証などもございます。指紋認証は指の指紋による認証方法で指が怪我したりした時のために複数の指を登録するのが一般的です。静脈認証は主に指の静脈を認証する方法で、静脈のため表面の皮膚や形状などの状態に影響されません。顔認証は顔を3Dデータ化し登録します。指などを差し出す手間もないため手がふさがった状態でも手ぶらでドアを開錠可能です。これらの生体認証は登録者本人の生体を利用する認証方法のため関係者以外の入室を防げます。

静脈認証の電気錠|ピースロック

静脈認証の電気錠 ピースロックは指紋認証・顔認証だけでなく静脈認証タイプもご用意しております。指紋や顔の認証は指の表面や顔の形を3D認証するため、大きな指の指紋の劣化や顔の変形により、形が変わってしまえば認証しずらくなります。静脈認証の場合体内の静脈の認証のためそういった悩みがありません。ピースロックでは指紋認証・顔認証においても、静脈認証においても高性能かつ高信頼性を誇る機器をご用意しており、生体認証(バイオメトリクス認証)をリーズナブルな価格でご提案できます。生体認証の電気錠はピースロックへご相談ください。

ピースロックの電子錠は既存のドアに簡単取り付け

ピースロックの電子錠は既存のドアに簡単に取り付けることができます。従来電子錠を検討する際ドアの形状や種類(引き戸など)により設置できるかの調査が必要でした。ピースロックはほとんどのドアに設置できます。また担当者が無料にて現地調査やお見積もりを実施しております。初めてのお客様もわからないことはお気軽にご相談ください。ピースロックには暗証番号とICカードの認証方法が利用可能で(ピースロックBMは指紋認証や顔認証、静脈認証も可能)社員証と併用しての利用も可能です。仕様は電池式と電源式を用意しており電池式の場合配線は不要。電源式の場合は電池の交換が不要です。

生体認証の電気錠|ピースロック

ピースロックの電気錠は生体認証(バイオメトリクス認証)を採用しております。生体認証には主に静脈認証、指紋認証、顔認証があります。静脈認証は手や指の静脈、指紋認証は指の指紋、顔認証は顔そのものの3Dデータを認証する方式です。生体認証のメリットはICカードなどとは違い関係者以外がICカードを使用して入室するなどのリスクがありません。そのためICカードや暗証番号などよりもセキュリティ性が高いです。また生体そのものの認証方法のため鍵やICカードなどの携帯が不要です。最近では外部の犯罪だけでなく内部関係者による犯行も増えているため新しく電気錠を設置する場合生体認証が増えています。

簡単設置のオートロック電子錠|ピースロック

ピースロックは既存のドアを簡単にオートロック化できます。一般住宅のドアや、様々な施設、店舗など幅広く利用されています。一般の鍵はピッキングやバンピングのリスクがありました。オートロック電子錠は鍵穴がないためピッキングなどの心配はありません。ピースロックはもともと銀行向けの電子錠のためセキュリティ性が高く安心の日本製です。認証方法はICカードと暗証番号で用途に応じて使いわけも可能です。屋外や、屋内など場所も選びません。オートロック電子錠をご検討の方はお気軽にご相談ください。他にも指紋認証や顔認証などの生体認証(バイオメトリクス認証)を採用した入退室管理システムもご用意電気錠はピースロックで。

指紋認証の入退室管理|ピースロック

入退室管理システムはICカードや暗証番号を置く見られますが、近年指紋認証のタイプが増えてきています。ICカードはIDによる認証で履歴も残りますが、懸念点は関係者以外でもICカードを所持していれば入室できてしまうためセキュリティ面で不安がありました。社員証と併用して使用している会社が多いですがイメージ的に鍵を社員の数だけ配布しているようなイメージです。指紋認証の場合生体認証(バイオメトリクス認証)を採用しており登録者本人の生体を認証するため登録者本人以外は入室できません。そのためセキュリティ性を求める環境や施設では指紋認証がおすすめです。

入退室管理システム|ピース株式会社

ピース株式会社の入退室管理システムはICカードや暗証番号だけでなく顔認証や指紋認証など最先端の入退室管理システムをご提案できます。ICカードや暗証番号などの懸念する点はだれでもICカードを所持していれば、また暗証番号を知ってしまうと入室できてしまうところです。顔認証や指紋認証の場合は登録者本人以外の入室はできないためセキュリティ性が非常に高いです。鍵やICカードの所持が不要で、顔認証の場合はドアの前に立てば鍵が開錠しますので入室の際も非常に便利です。まるで未来の映画の世界ですが現在は顔認証や指紋認証などの生体認証(バイオメトリクス認証)は主流になりつつあります。会社などのオフィスに限らず介護施設など施設系や工場、店舗に至るまでお気軽にご相談ください。

電子錠でかんたんオートロック化|ピースロック

既存のドアをオートロックに ピースロックは既存の様々なドアに後付けで取り付けることができ簡単です。通常の鍵ではピッキングや※バンピングなどの脅威がありましたが、オートロック電子錠は鍵穴がないためそれらの不安はありません。 ピッキング ピッキングとは特殊な工具や技術を使い本来の鍵を使用せずに開錠してしまう手口です。 住まいる防犯110番画像抜粋 バンピング バンピングとはバンプキーと呼ばれる特殊キーにより、短時間で開錠してしまう一部問題となった手口です。 Wikipedia画像抜粋 ピースロックは比較的簡単に後付けで設置できるため様々な環境や建物に使用することができます。一般の住宅、飲食店などの店舗から大規模な施設までお気軽にご相談ください。

顔認証の入退室管理|ピースロック

顔認証採用の入退室管理ピースロックBM 従来のICカードや暗証番号の場合ICカードを関係者以外が所持していれば、暗証番号を知ってしまえば誰でも入室できてしまうという欠点がありました。また、暗証番号に関しては基本履歴も残りません。 顔認証の特徴 顔認証の入退室管理は非常に便利で好評です。まるで映画の世界の様ですがドアの前に立てば鍵が自動で開錠します。鍵やカードの場合常に持ち歩く必要がありましたが、顔認証の場合は手ぶらでいつでも入室できます。生体認証(バイオメトリクス認証ともいう)を採用しているためセキュリティ性は高くICカードや暗証番号のように関係者以外の入室はできません。

オフィス(事務所)の入退室管理システム

オフィス(事務所)の入退室管理 オフィスでは勤務する社員が多く出入りします。特に近年マイナンバー制度や個人情報保護法の影響もありオフィス環境のセキュリティ強化を叫ばれています。入退室管理システムは外部の侵入に対しては不審者入室に関するセキュリティ強化にもつながりますし、内部的な面でもいつだれが入室したかのログ(履歴)が残ります。 入退室管理システムの認証方法の種類 ・暗証番号認証 暗証番号認証では番号を入力することで鍵が開錠します。番号を共有していれば鍵がなくても誰でも入室可能です。アルバイトなどを多く抱えるお店などに使われることが多いです。しかし逆に番号を知っていれば関係者以外でも入室することができてしまうため比較的セキュリティ性の低い環境に選ばれます。原則入退室者ログ(履歴)は残りません。 ・ICカード認証 ICカード認証はICカードの所持者のみの入室になります。基本ICカードを近づければ開錠されるので便利です。ICカードには1枚1枚にIDがふられており、入退室の履歴管理ができます。社員証と併用してい会社も多く見られます。ただしICカードさえ所持していれば関係者以外の入室も許してしまいます。 ・指紋認証 指紋認証は生体認証(バイオメトリクス認証)を採用しています。鍵やICカードなどの持ち歩きが不要なためかなり利便性が高いです。もちろん入退室者のログ(履歴)も残りセキュリティ性は非常に高いです。ひと昔前は指紋は読み取りが悪いといううわさも流れましたが、近年技術の進歩で非常に早く読み取りされるようになり、不便は感じないでしょう。 ・顔認証 顔認証はまるで映画の世界のように扉に近

泥棒の侵入手口とは|オートロック電子錠

泥棒のドアからの侵入手口 ピッキング ピックと呼ばれる金属製の特殊工具を鍵穴に入れ、ドアの錠を短時間で開けるという手口。ピッキング手口に対応した錠でなければ、1分もかからず開錠されて屋内に侵入されてしまいます。 バンピング バンプキーと呼ばれる各種シリンダー用に作られた特殊キーにより、開錠する手口。特殊な工具を使わず短時間で侵入できる手口と言われている。 サムターン回し 玄関ドアの外側からドリルで穴を開けるなどして、サムターン(内側のドアロック用つまみ)を強引に回して侵入する手口。壊したドアスコープや取り外したドアノブの穴、ドアと壁の隙間などに特殊工具を挿し入れてサムターンを回すこともあります。 カム送り解錠 特殊工具を用いて錠シリンダーを迂回し、直接錠ケース内部に働きかけてデッドボルトを作動させ解錠する手口。「バイパス解錠」とも呼ばれています。 ※一部住まいる防犯110番抜粋 ドアからの侵入手口は多様化しておりますが既存のドアをオートロック電子錠に変えることで幅広い手口に対する対策がとれます。電子錠は鍵も鍵穴も必要としないため安心です。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

0120-672-575

お電話によるお問い合わせは

​年中無休365日 受付時間午前9:00~午後20:00

入退室管理システム,電気錠,電子錠,静脈認証,生体認証,勤怠管理,指紋認証,顔認証,オフィスセキュリティ,オフィス,出入り管理,オートロック,ドア,ICカード

Copyright (C) 2016 Peace Corporation. All Rights Reserved.